人間情報工学科 Department of Human Information Engineering

学科お知らせ

一覧

「人間中心の設計思想」に基づいた
設計能力を有するエンジニアに。

人が自動車を運転する際は、周囲の情報を認識、判断して操作を行います。その一連の行動を支援するシステムが実用化されています。このように、人の動的な特性に適合する機器やシステムの開発が重要になっています。

本学科では「人間中心の設計思想」の理念に基づき、使用する人の特性やニーズに沿った「もの」や「サービス」を設計できる人材の育成を目指しています。

1・2年次は共通教育を中心に履修し、グローバルな視点で問題解決を図るための基盤を育成します。そのうえで全年次にわたる専門教育として、人体機能と人の動作・行動を解析するための解析系、人間環境の変化を科学的に認識するための数学系および生体機能系の科学・工学分野の科目を履修することで、人間系のサイエンスと情報系のエンジニアリングの知識を融合的に学びます。人体機能と環境変動の特性をシステム設計に生かすため、情報系・機器設計系の工学分野の科目を充実させ、実験を重視したカリキュラムを編成しています。

4年次の卒業研究では、研究対象への深い知識を得るとともに、自ら発見した問題を合理的に解決するための研究デザイン力・研究遂行能力を養います。

学科長メッセージ

様々な基礎知識と技術修得が、
変化し続ける情報社会で確かな実践力を発揮。

安全で安心できる健康な社会生活への関心の高まりや、働き方の多様化など、世の中の変化は情報技術によって加速されています。本学科では、「もの」や「ソフトウェア」、「サービス」の開発など時代の要請に応えらえる技術者の育成を目指しています。そのために、人間の身体・認知・精神的な特性を理解するとともに、コンピュータ、ソフトウェアや電気電子工学、力学や機械工学など幅広い領域を対象とした、学際的な教育研究環境が整っています。確かな基礎知識と技術に基づいた問題解決と実践力は、社会に出てからも高く評価されています。

人間情報工学科 学科長 教授高戸 仁郎

卒業後の進路

  • 大学院進学
  • 製造業
  • 情報サービス産業
  • 健康・医療・福祉関連企業
  • スポーツ関連産業
  • 公務員など
  • 情報通信工学科 Department of Information and Communication Engineering
  • 情報システム工学科 Department of Systems Engineering
  • 人間情報工学科 Department of Human Information Engineering
ページTOP